家康不動産 お問い合わせは044-299-9339

不動産売却・無料相談

→ 不動産売却相談~早く売る!高く売る!トラブルなく売る!

不動産の売却を検討している・・・。しかし、どうしたらよいかわからない。
どこにお願いしたらよいかもわからない・・・。
そんなお客様の言葉をよく耳にします。
不動産売却、それは人生で何回も体験するものではありません。
だからこそ弊社は売り手のお客様の気持ちになってお手伝いをさせていただいているのです。弊社はお客様の不安を一掃するため、全てにおいて誠心誠意、迅速な対応を心がけております。

査定に関しては、近隣の地域やちょっと足を伸ばした周辺の地域まで調査し、
現在、売りに出されている物件価格を参照し、成約価格を基準とした査定を行っております。また弊社では、お客様に向けて住宅情報誌・インターネット等を利用・活用し、幅広く告知宣伝し、売却をスムーズに進めていきます。
さらに弊社独自の買取システムもございます。詳細は担当者までご連絡下さい。(但し、弊社営業エリアに限ります)

→ 無料査定可能エリア

川崎市多摩区、川崎市麻生区、川崎市宮前区、川崎市高津区、川崎市中原区、
横浜市青葉区、横浜市都筑区、横浜市港北区、横浜市緑区
東京都町田市、稲城市、多摩市

売りに出すことが決定される前までは秘密厳守でご近所様に知られないように致します。また査定料は無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。査定依頼から売買契約の締結まで不動産の取引に精通した専任の担当者が親切丁寧にサポート致しますので安心しておまかせ下さい。 査定可能エリア外のお客様も一度ご相談下さい。

→ 不動産売却・無料査定について

1.無料査定
まずは、弊社にて無料で簡易査定をさせて頂きます。
無料査定ご依頼の方はこちらの査定フォームよりお申込み下さい。
不動産売却金額査定方法についてはこちらよりご覧下さい。
2.売買価格査定書の発行
「売買価格査定書」という書面を発行させて頂き、金額の参考にして頂きます。
3.販売計画の提案
あくまで上記金額は、簡易であり、売却予想金額の範囲ですので時間がかかっても高く売却したいのか?金額が低くても速く売却したいのかなどを加味して、販売計画を提案させて頂きます。
4.買取保証制度
買い替えなどで売却に期限などがある場合は、弊社にて買取査定を行い買取保証をつけさせて頂いてます。
買取保証制度についての詳しい説明はこちらよりご覧下さい。
5.媒介契約の締結
売却の意思が決定しましたら、弊社と媒介契約を締結して頂きます。
媒介契約の種類・内容についての詳しい説明はこちらよりご覧下さい。
6.専任媒介契約
媒介契約には、基本的には専任媒介契約を頂いております。なぜならば、一般媒介契約ですと複数の不動産会社に重ねて売却の依頼をされてしまいますので費用をかけた物件調査や広告の配布などの人手を使用出来ず、結果的に売却価格が安くなったり、売却時期が長引く傾向があり、弊社も精一杯に頑張ったという状態では無いように思います。専属専任媒介契約は、通常、売主様自身が契約書作成や物件調査や引渡し業務などが可能な宅地建物取引業者様から頂くものなので、一般のお客様は専任媒介契約でお願いしております。
7.対象不動産の物件調査開始
対象物件の新築時の建築確認の内容や土地の制限、接道道路の種類や建築基準法上の道路の扱い、接道状況や隣地との境界の明示や境界標の確認や水道管・下水管・ガス管などの埋設管の調査などを行い各書類の取得及び作成を致します。
8.意外と知らない自分所有の不動産
【7.対象不動産の物件調査開始】でまとめた書類を元に所有者様へ所有する不動産を目に見えない部分までご説明させて頂き、今後、不動産取引を行い売却後に起こるであろう問題点をご説明させて頂きます。不動産は売れば終わりというものではありません。中古物件のトラブルのほとんどは、契約後や引渡後に発生しています。
9.問題の解決
問題が起こる前に解決するか、または、問題を先に説明して買主にご納得頂いてから売却のための売買契約を結ぶことをおすすめ致します。よく売却依頼の不動産に多いのが、接道する私道の持分がないのに通行使用承諾が無い状態だったり、地中に埋設する水道管や下水管が隣地を通過していたり、境界標がなく、どこまでが不動産の売買対象なのか分からないなどがあります。すべて書類や合意書や筆界確定書や使用承諾書などで解決する場合が多く、買われる方も安心して住めます。
10.問題点の修復に費用がかかる場合
不動産の問題点の修復に費用等が発生する場合は、すぐに見積もりをします。水道管や下水管の引きなおしや土地の測量や境界標の打ち込みや隣地所有者との筆界確認などを販売活動開始と同時に見積もりまたは段取りに入っていきます。
11.売却活動する際の販売図面作成
売却活動する際に、価格や売れ行きを左右すると言われる販売図面をご提示させて頂き、載せたいアピールポイントや間違い等を打ち合わせし、販売図面を完成させます。
12.不動産流通機構(通称:レインズ)に登録
レインズに登録する事により、他の不動産業者も自由に売却に出てる事を知り、販売図面を取得して、不動産を探されているお客様にご紹介出来るようになります。
13.他不動産業者からの問合せ対応
他の不動産業者もトラブルを防ぐ為に、色々な事を質問してきますので物件調査内容やその書類をFAXするなどの対応や電話での説明となどと、問題点がある場合は事前に物件を紹介するお客様に説明をお願いしていきます。
14.各不動産業者からの内見の段取りとご連絡
何月何日の何時にどこの不動産業者がご案内をしたいかをご連絡して、打ち合わせをしていきます。また、内見の際にお客様に物件を良く見せるコツなどのアドバイスも行います。
15.申込みによる審査
購入を検討しているお客様から入る申込書の内容を審査したり、値引き交渉などの内容をご説明させて頂きます。
16.売買契約の締結
売買契約の為の準備や契約書・重要事項説明書の作成と契約の立合いやリスクや売買契約に必要なものをご説明させて頂きます。
17.立合い・引渡し・残代金の授受
物件の立合い・引渡し・残代金の授受などのご説明・打合せを行い、残代金の中から問題点の解決にかかった費用(測量費用や工事費用等)などの精算も段取りします。
18.瑕疵担保責任
売買契約の中に瑕疵担保責任など引渡後も売主責任がある場合は、購入された買主様との間に入り、問題が発生した場合は調整させて頂き、問題の解決のお手伝いをさせて頂きます。
19.売却や買換えなどの税務相談
不動産の売却や買換えなどは、不動産取引後に税務署への届出や納税があります。弊社、顧問の税理事務所は、弊社の御客様は相談無料になりますのでご相談頂きます。当然、減税処置や手続き、そして税金の控除などもアドバイスさせて頂きます。相談・アドバイスは無料ですが、実際に税務申告書作成や税務申告を依頼される場合は有料になります。
20.不動産取引書類の保存
弊社は、今のところお取引したお客様の売買契約書や物件の調査書類をすべて保存させて頂いておりますので、何年か経過して過去の取引書類が必要になった際は、声を掛けて頂ければお出しする事が出来ます。大量の書類を保存出来るように倉庫を自社所有しております。
以上で不動産売却は終わりです。お疲れ様でした!!