家康不動産 お問い合わせは044-299-9339

媒介契約の種類・内容

不動産売却相談・無料査定 > 媒介契約の種類・内容

査定後、不動産売却の意思が固まったら弊社に売却を依頼して頂き、売却の媒介契約を締結します。
媒介契約とは、お客様がお客様の不動産売却を弊社に依頼する契約を結ぶ事で、媒介には次の3種類があります。

→ 一般媒介契約

[依頼者側]
複数の不動産会社に重ねて不動産売却の依頼することができます。
自分で見つけた購入者と契約することも可能です。
他の不動産業者を明らかにする義務のある明示型と、明らかにしない非明示型とがあります。
[家康不動産側]
物件を指定流通機構に登録したり、業務処理状況を報告する義務がありません。

→ 専任媒介契約

[依頼者側]
媒介を依頼した弊社以外に媒介を重複して依頼できません。
自分で見つけた相手方(買主)となら弊社を通さず、売買契約を締結することができます。
[家康不動産側]
目的物件を指定流通機構に登録の上、業務処理状況を2週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。

→ 専属専任媒介契約

[依頼者側]
媒介を依頼した弊社以外に媒介を重複して依頼できません。
また、依頼者は、自分で見つけた相手方(買主)と弊社を通さずに売買契約を締結できません。
[家康不動産側]
該当不動産を不動産流通指定機構(レインズ)の登録の上、業務処理状況を1週間に1回以上依頼者に報告しなければなりません。